歯の治療で次世代の技術

不眠

精度が高くよくとれる

マイクロスコープは歯科治療用の顕微鏡ですが、歯の治療をするとき物をよく見るのが大事です。一般に治療時に歯科用ルーペ―という虫眼鏡みたいな道具を利用して、それが拡大できる倍率3〜5倍程度で、人の目の構造ではそれ以上倍率のルーペを使うのが難しくて、マイクロスコープは20倍など肉眼で見えないレベルまで視野確保できるのです。いままで見えないところは経験に頼っていたのがマイクロスコ−プを利用して自分の目でよく見られて、いい治療ができることにつながります。これを使うにあたり専門的技術が必要であり、学界に参加して日々の研鑽をしていきます。そしてもっとも効果発揮するのは根幹治療ですが、これは肉眼で見えないところまでアプローチして、そうした時にマクロスコープを利用します。そして歯の根は人により本数が違うことがあり、それもマイクロスコープを利用してチェックします。また、かぶせ物の形成、土台を作るとき3倍のルーペで簡単な形成をして次に5倍、最終段階でマクロスコープを利用して、段階を経てみる精度高めていきます。そしてかぶせ物の適合具合をシビアにみられます。歯石を取るときマイクロスコープを利用してみれば、歯周ポケットの中の歯石がよく見えて、最近衛生士も歯石取りにルーペ使うことが増えていますが、マイクロスコープを使うのはまだ普及してないです。衛生士がマイクロスコープ使えるような教育が大事です。かなり技術が必要で自分で努力しなくては簡単には身に着けられるものではありません。

Copyright© 2020 近年、注目されている実験手法で多くの専門機関が展開しています All Rights Reserved.